理想の結婚相手をどう探すのが良いの?

「理想の結婚相手を求めて20年、気付いたら40歳になっていた」という方もいます。それが現実であり、日本の結婚市場はそういう方もあふれているのです。


しかし、確かに結婚するのであれば、理想の相手を探したいと思うのは普通のことですよね。そこで、今回は理想の結婚相手をどう探すのかについてまとめていきます。


■まずは理想の基準を決める

まず、自分の理想の基準を決めていきましょう。例えば、自分派ごく普通の一般人なのに、相手に年収1000万円以上を求めるというのはむちゃですよね。


確かにそういう相手を見つけるのもできなくはないですが、自分に相応な相手を見つけないと後悔することも多いです。


結婚できない方の中には、相手に対して「イケメン(綺麗)で、優しくて、料理(仕事)ができて・・・」といろいろなことを求める方がいます。理想は高くても良いですが、現実不可能な理想は、自分を追い込むだけです。その点に注意しましょう。


■目標が決まったら相手を探す

自分の中で「笑顔が可愛い人が良い」と決めたら、後はそれに集中して探していくことができますよね。「性格が良い人」と決めた場合も、いろいろとデートを重ねて相手を知っていけば良いです。


そうやって目標を決めたら、実際にその目標に的確な相手を見つけていくだけなので、意外とここまで来ると簡単に見つかることもあります。ただし、利用する婚活サイトや恋活サイトによって、相手もいろいろと変わってくるので、探し方にも工夫してみましょう。


■高望みは独身への第一歩

結婚できない方の中には、お世辞にも性格が良いとは言えない方もいます。容姿に関しても、あまり良いとは言えない方もいます。


そういう方に限って、相手にはとてつもない理想を求めていることもありますよね。そういう方は、一生独身であることが多いです。理想を高め過ぎる完璧主義な方は、結婚には向いていないです。


高望みすると独身への第一歩を踏み出してしまうので、ある程度妥協することも覚えましょう。もちろん「妥協して結婚するのは嫌だ」ということであれば、相手が見つかるまで探しても良いと思いますけどね。


その場合は、上手に相手が見つかるかどうかわからないのが正直なところです。


ゼクシィ縁結びカウンターの特徴

ゼクシィ縁結びカウンターでは、専任のカウンセラーがあなたの悩みや要望を聞いてくれます。理想としてる異性を伝えてみましょう。


毎週数名の異性を紹介して貰えます。気に入った方がいれば是非会ってみましょう。出会いを繰り返し、結婚へ進んでいきます。


サブコンテンツ

結婚情報サービスランキング


このページの先頭へ